求人情報とは

求人求人とは、その名のとおり、会社が労働力となる人を求める行為ということになります。通常、求人とは会社側の行為であり、労働力となりうる労働者側から見て職を探すという場合は、求職ということことになります。しかし、求職者側から見た場合、就職するためには会社側からの人探しの情報を知っておくことが前提となるため、労働者が仕事を探す場合の情報は、求職(者のための)情報とは言わず、(求職者のための)求人情報という言い方をします。
そのため、仕事を探す人向けの情報が載っている雑誌やサイトなどは、求人情報誌や求人サイトといいます。また、そのような求職者に求人情報を教える場所を職業紹介所といいます。

ページの先頭へ

求人情報以外に求職者に求められている情報

求人する人向けの情報は、求人情報だけではありません。昨今の景気低迷や社会情勢の不安定さ、もしくは仕事はあるものの、給与や比較的安い、もしくは正社員ではなくパートやアルバイトの求人が多いという事情もあり、数少ない正社員の求人情報に多くの求職者が集まる傾向があります。そのため、単に初心者向けにとどまらない、履歴書の書き方や職務経歴書の作り方などよりよい職につくための情報も多く知られてくるようになって来ました。

ページの先頭へ

会社が求めるもの

また、会社側が一番助かる労働者は、仕事をそこまで教えこまなくても出来る経験者が優遇される傾向にあるとはいえますが、お金のことや将来性のことを考えると、ベテランより若者を会社側が求める場合もあります。もしくはあまり経験がなくても出来るような仕事、例えば工場での単純作業を行うライン作業やとりあえず多くの人にアタックして契約を取ってくる飛び込み営業など経験より体力重視となっているような仕事も、若者を会社側が求める傾向があります。

ページの先頭へ

情報交換が盛んに

求人最近は、上記の理由以外にも、不況の影響もあり、若い時ならまだしも、50代はもちろん、一昔前なら働き盛りと言われた40代までも、新しく職を求めるのが難しい状況があります。またある程度の賃金がもらえる時代になったこともあり、一度就職すればなかなかその会社を辞めたくないという人も増えてきています。そこで、少しでも労働者にとっていい会社に入るために、会社の経営環境だけではなく労働環境についても情報交換をすることが珍しくなくなってきました。

ページの先頭へ

情報の反乱による弊害

ただ、労働者側も感情を持った人間ですので、あまり働きたくない会社、例えば、賃金がたとえ高くても、賃金の割に仕事がきつい、または経営者が労働者をまるで自分の物のように一方的に扱うなどといった会社は、すぐに労働者側が辞めてしまう傾向にあります。
そのような会社をいわゆるブラック企業といい、勤めないほうがいい会社として情報を交換し合うことも増えてきました。またいい会社に勤める人はなかなか辞めないため、そのような情報を持った人は少なく、いい会社の情報として広まることは少ないのですが、ブラック企業に勤めた場合は次々に人が入れ替わるため、そのような悪い情報を持った人がどうしても多くなってしまい、いい会社より悪い会社のほうがより多く広まってしまうという傾向もあります。

ページの先頭へ